説明と検討

トースター

実績で映像制作会社を選ぶのであればこちらです。アニメーション動画も作成している、幅が広い映像制作会社ですよ。

得意先の企業から化粧品製造の依頼を受けた場合、納期を厳守して製造することは最低限絶対守らなければならない必須事項になります。しかし生産というものには不慮の事態が起こることがあります。例えば原料資材の納品遅れです。得意先から品名と数量と納期の依頼を受けた際、製造メーカーはすぐに資材メーカーに発注を行ったにもかかわらず、資材の生産の際に何らかのトラブルが発生するということがあるのです。そのような場合、化粧品製造メーカーは状況が分かった段階で発注元のメーカーに事情を説明しなければなりません。情報が早い方が発注元のメーカーは発売延期の検討などをする時間も長く取れますので助かるのです。発注元のメーカーは資材メーカーとは直接話をしないので、事情が分からないと不安なのです。

納期遅れの度合いがどの程度か分かってくれば、化粧品製造メーカーとその発注元の会社とで再度納期の設定等の打ち合わせをすることになります。この際、生産の側ではなるべく元の納期に間に合わせるという努力の姿勢を見せることが大切です。もともと製造メーカーが資材生産メーカーに出している納期は、ある程度余裕も持たせての納期にしてあることが多いですので、その余裕分を全部使い果たし、ぎりぎりの納期目指して多少の残業対応をすれば元の納期に間に合うことも多いのです。化粧品業界は競合他社も多いので、発注元の販売会社はなるべく発売延期はしたくありません。それだけ販売チャンスを逃すことにも繋がりますし、予算組した販売計画を達成できなくなるからです。

オススメリンク

  • 大阪で映像制作・動画制作なら株式会社シードアシスト

    WEB動画を制作している会社はこちらになります。ムービー制作を検討しているなら、依頼するといいでしょう。